ハンガーの跡がつかない工夫で跡がつきにくいスカートのかけ方・シンプルでかわいい商品やサービスの強み

スカートにハンガーの跡がつかない工夫で跡がつきにくいかけ方や収納方法をご紹介します。併せて、使うだけで気分が上がるシンプルでかわいい、跡がつかないハンガーを扱うチャナカンパニーの商品・サービスの強みもご確認ください。

スカートを収納するためにハンガーを使う場合、ハンガーの跡がついてしまわないか気になるところです。こちらでは、跡がつかないようにするかけ方について解説いたします。また、シンプルでかわいいデザインのハンガーを扱うチャナカンパニーの商品・サービスの強みもご紹介しております。

 

◆跡がつかない工夫でハンガーの跡がつきにくくするスカートのかけ方・収納方法

スカートにハンガーの跡がつかないようにするためのかけ方をご紹介します。まず、トップス用のハンガーを使い、ウエスト部分をひっかける方法はおすすめできません。ウエスト部分を無理やり伸ばすことになり、型崩れを起こす可能性があります。

スカートをハンガーにかける際はピンチ付き(クリップ付き)のハンガーで吊るすのが一般的です。ピンチ(クリップ)跡がつかないようにするのであれば、スプリング入りのハンガーを使うとキレイになります。また、ピンチ(クリップ)が当たる部分に布をあてて跡がつかないようにすることも一つの方法です。

スカートを折ってひっかけると、折った跡が残るのであまりキレイになりません。シワや跡がつかないよう、吊るしてかけるとキレイな状態を保つことができます。スカートに跡がつかないようにするためには、ハンガーへのかけ方が大切です。

 

◆チャナカンパニーの商品・サービスの強み

チャナカンパニーは“アパレル企業のお店創りのトータルサポート”をテーマに、ハンガーやマネキン、什器といった店舗ディスプレイ商品をご提供しております。チャナ(CHANA)とはタイ語で「勝利」を意味し、お互いに利益のあるWIN-WINの関係であることをモットーに、デザイン性や機能性に優れた商品の開発を進めています。

自信のある商品は「Balmy Hanger(バルミーハンガー/特許取得済)」です。樹脂製にもかかわらず、見た目も手に持った感覚も限りなく木製ハンガーに近く、シンプルでありながら存在感のあるハンガーです。他にも、ニット用のまろやかハンガー、大理石柄ハンガー、動物柄ハンガーなど、かわいい要素を兼ね備えたデザインのハンガーを多数揃えております。

 

お客様のご要望に沿った商品の提案ができる幅広さも強みの一つです。例えば、ニットの肩部分についてしまうハンガー跡をなくしたいという要望には、肩部分を傷めず跡がつかないまろやかハンガーをご案内。生地に跡がつきにくくしたい場合は、重めの衣服でも外れにくいグリップクリップ付きハンガー、室内のコンセプトに合わせたいという要望であれば、インテリアに合ったデザインのハンガーをご用意できます。

 

コスト競争力が高い点も強みで、ショールームはアパレルメーカーやアパレルショップが多く建ち並ぶ、新宿と渋谷の間という好立地にあります。スカートにクリップ跡をつけないためのハンガーなどはぜひチャナカンパニーの商品をご使用ください。

【 おすすめ商品はこちら 】

https://chana-company-shop.com/products/grip-clip-hanger-for-bottoms

 

◆シンプルでかわいいスカート用ハンガーならチャナカンパニーへ

大切なスカートをキレイな状態で保つためには、ハンガーへのかけ方にもこだわりましょう。適したハンガーを選べば跡がつかないようにすることも可能です。ハンガー選びの際は、チャナカンパニーの跡がつきにくいハンガーをご利用ください。シンプルでかわいいデザインなど、皆様の理想に合ったハンガーをご提供いたします。