跡がつかない工夫!跡がつきにくいスカート用ハンガーの種類・選び方!クリップ付きハンガーで省スペース収納

跡がつかない工夫で、跡がつきにくいスカート用ハンガーを購入するなら、チャナカンパニーまでお問い合わせください。跡がつかないクリップ付きのハンガーをご提供しております。省スペースでの収納が可能です。こちらでは、スカート用ハンガーの種類や選び方についてご紹介いたします。

 

スカートの収納方法には、「畳む」と「ハンガーを使う」があります。ハンガーを使用する場合、跡がつかないものを選ぶことが大切です。こちらでは、スカート用ハンガーの種類や選び方を解説いたします。

 

◆クリップ付きなど様々!スカート用ハンガーの種類とは?

スカートを掛けるハンガーには種類があります。

◇ピンチハンガー

ピンチハンガーとは、クリップ付きのハンガーです。位置が調整できるタイプや、ハンガー全体が大きなピンチになったタイプなどがあります。クリップで留めて吊るすだけという手軽さも魅力です。跡がつかないことを重視するのであれば、クリップの仕様に注目することをおすすめします。

 

◇スプリング付きハンガー

スプリング付きハンガーは、ハンガーそのものが伸縮性のあるスプリングで作られています。ウエストサイズに合わせて長さを調整し、そこに合わせる形でハンガーを入れるため、跡がつかずスカートの形をキレイに保つことが可能です。外側から跡がつかないだけでなく、内側から張るように吊るすので型崩れやシワもつきにくいです。

※現在弊社での取扱商品はございませんが、受注生産は可能です。お気軽にお問い合わせください。

 

スカート用ハンガーをお探しの際は、チャナカンパニーのクリップ付きハンガーをご覧ください。クリップ内側に特殊なベロを挟んだ、独自のグリップクリップを採用したハンガーです。重い素材のスカートも外れにくく、長時間挟んでも生地に挟み跡が残りづらいという特徴があります。

 

◆スカート用ハンガーの選び方とは?収納の省スペース化も検討ポイント

スカート用ハンガーはどのように選ぶべきかを解説します。

◇跡がつかないものを選ぶ

せっかくのスカートに跡がついては、見た目が損なわれてしまいます。跡がつかない工夫が施されたハンガーを選ぶのがおすすめです。目的や素材に合わせたハンガーを選びましょう。

 

◇ハンガーに統一感を出す

ハンガーを使って収納する場合、ハンガーに統一感を出すと見た目がキレイです。クローゼットやラックに吊るして収納する以上、どうしてもハンガーが目に入ります。スカート用に統一感があったとしても、ハンガーが不揃いだと見た目がよいとはいえません。デザイン性などに考慮すると、より一層素敵になるでしょう。

 

◇省スペースに収納できるハンガーを選ぶ

厚すぎるハンガーだとスペースの幅を取ってしまいます。収納スペースに限りがある場合、省スペースを実現できるスカート用ハンガーを選ぶことが大切です。

 

スカートをハンガーで収納する際は、目的をはっきりさせることが大切です。跡がつきやすい素材なら跡がつかないハンガー、少ないスペースしか使えないのなら省スペースで収納できるハンガーを選びましょう。

 

◆スカートを収納するなら跡がつかない工夫で、跡がつきにくいハンガーを!

大切なスカートをキレイな状態を保てるよう、使用するハンガーにもこだわりませんか。チャナカンパニーでは、スカート用ハンガーをはじめ、様々な種類のハンガーを取り扱っております。お揃いカラーのニット用ハンガーとセットで使用するのもおすすめです。商品などに関するご質問・ご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

おすすめ商品はこちら

https://chana-company-shop.com/products/grip-clip-hanger-for-bottoms