ボトムスに跡がつかない工夫!スベリ止め付のハンガーを提供!ハンガー選び・ボトムス収納のポイントは?

ボトムスに跡がつかない工夫で跡がつきにくいハンガーをお探しの際は、チャナカンパニーまでお問い合わせください。滑り止め加工を施したボトムス用の白など様々な色のハンガーなどをご用意しております。こちらでは、跡がつかないハンガーの選び方やボトムス収納のポイントをご紹介いたします。

ボトムスをハンガーで収納する際、跡がついてしまうことがあります。洋服の生地の種類によってはハンガー跡が目立ちやすいです。こちらでは、ボトムスに跡がつかない工夫で、跡がつきにくいハンガーの選び方や収納時のポイントを解説いたします。

◆跡がつかない工夫!跡がつきにくいボトムス用ハンガーの選び方!素材・滑り止めの有無も重要

ボトムスの収納にハンガーを利用する場合、跡がつかない工夫で跡がつきにくいものを選ぶことが重要です。ハンガーの選び方として、以下のようなポイントがあります。

 

・ボトムスにフィットするハンガーを選ぶ

・表面がツルツルしていない滑り止め機能のハンガーを選ぶ

・着脱が容易なハンガーを選ぶ

 

ハンガーには様々な種類がありますが、衣類に合ったものを選ぶことが大切です。ボトムスの場合、トップスと違って肩がないため、肩幅を気にする必要はありません。その分、重さや形状を考慮してハンガーを選ぶことになります。また、滑りやすい素材は安定感がありません。素材の組み合わせによって滑りやすいなど、相性の問題もあるため滑り止め加工の有無もチェックポイントです。

さらに、着脱のしやすさも大切です。着脱に手間がかかるとストレスにつながり、手間ゆえに適当な掛け方をして跡がつく可能性があります。ボトムスに跡がつかないようにするためには、ハンガー選びにもこだわりましょう。

 

◆跡がつきやすい生地でも安心!ボトムスの上手な収納ポイント

ボトムスをハンガーに掛ける際の上手な収納ポイントを解説します。キレイに収納したり、ボトムスに跡がつかない工夫で跡がつきにくくするためも、押さえておきたいポイントです。

◇向きを揃えて収納する

ハンガーに掛けたボトムスは向きを揃えて収納することで、すっきりした印象を演出できます。また、ボトムスをサッと選びやすくなります。

 

◇短いサイズを使用する

ボトムスによっては裾が長く、サイズを考慮せずに選ぶと裾が床についてしまいます。そのため、ラックからクリップ部分までが短めのハンガーで収納しましょう。

 

◇ボトムスの色を揃える

ボトムスの色は多彩です。ハンガーに掛けるときは、同系色で揃えて並べるとバラつき感がなくなり、より見た目がすっきりと美しく見えます。

 

◇出し入れしやすいハンガーを選ぶ

出し入れのしやすさも大切です。扱いにくいハンガーだと、それだけ収納が雑になりやすく、ハンガー跡につながってしまいます。そのため、使いやすいハンガーを選ぶ必要があります。

 

 チャナカンパニーでは、ボトムスに跡がつかない工夫で、跡がつきにくいハンガーをご用意しております。ボトムス用の他にも、使用用途や希望に合ったハンガーを選べますので、ぜひご覧ください。

おすすめ商品はこちら

https://chana-company-shop.com/products/grip-clip-hanger-for-bottoms